Posted by at

2013年04月18日

黄色いオドリコソウ

この草花は 普通に 見かけますね
どこでもあります。


オドリコ草(踊子草)


ひめオドリコウ

科名:シソ科/属名:オドリコソウ属
和名:踊子草/学名:Lamium album var. barbatum
北海道、本州、四国、九州の山地の木陰、林の中などに群生


オドリコソウは春の舞姫である。
上の写真に見る様に笠をかぶった踊り子が茎をぐるりと取り巻いて裾をあでやかに翻しながら輪になって踊っているように見える。 これほど絶妙な命名も珍しい。花の色は白から赤みの強いものまでいろいろ有り、春の野原を白やピンク色に彩る。沖縄を除く日本各地の山野や道端の半日陰に群生し、春の若芽はお浸し等の食用になり、根は煎じたものを付けると打撲傷や腫れ物に効く。
日本には自生していないが外国種にツルオドリコソウと呼ばれる黄色いオドリコソウもあり、園芸種として庭に植えられているそうです。


黄色は つるオドリコウだそうです(園芸種)
始めて見ました。珍しいですよね
昨年は気付かなかったこの場所
駅のすぐ近く 自転車道の脇にあり 格子の内側はマンションです
写真が 遠いのですが
柵がされているので 中には 入れません。

葉には白い斑点模様が入っていますね。
  


Posted by キャッツアイ at 20:54Comments(4)