Posted by at

2015年07月22日

関東は猛暑続き・・・
それでも 今日は まだ東京はましだったかな
時折 強い風が吹き 昨日よりは涼しく感じました。

今日は 久しぶりにウォーキングしました
三ヶ月ぶりでした。

先日 頂いた卵です

朝 卵ごはんを食べようと 割ると 何と双子ちゃんでした

なんか ラッキーな気分face02
そうだ これがあった この醤油をかけて食べました
美味しかったですよ。

以前に キクスイ醤油をお取り寄せした時に
サービスでこの醤油と
ドレッシングが入っていました。




二つも頂き 嬉しいサービスですね。

  


Posted by キャッツアイ at 23:24Comments(4)食べ物

2015年07月12日

ボーネルンド

降り続いた雨 が 止み 久しぶりに晴れたら猛暑日

ずっと雨だったので 公園にも行けないし、児童館も時々行きますが 雨の日は特に混んでいる…
娘の提案で先日  ここに行ってきました。
東京都八王子市にあるボーネルンド(対象年齢 0歳~12歳)
駅ビルの中にあり 雨に濡れず キッズを遊ばせるにはいい場所
 (セレオ八王子 北館6F)
1日フリーパス券で夕方まで居ました。(大人+子供=1700円)
ボーネルンド
オフシャルサイト  を 是非開いてみてください 森のイメージで木琴の音が聞こえてきます。
オリジナルの商品(積み木、木琴)




対象年齢4歳 玩具 孫はほぼ占領してた 一番のお気に入りみたでした ずっと木の玉を転がしていました
小さい森の木琴も有りました。



いつもは 元気一杯はしり回る孫は 玩具に夢中で 上記の写真にある 飛んだり跳ねたりの遊具に誘っても しません(>_<)
そのお陰で 私は体力使わずにすみ 疲れなかったけど(笑)

「ボーネルンド」
子どもの健全な成長に「あそび」がとても大切だとの考えから、あそびの道具と環境を提供することを通して、子どもの成長に寄与することを目的としている。1981年(昭和56年)7月7日に設立。「ボーネルンド」の名称は、デンマーク語の「børne(子ども)」と「lund(森)」から付けられている。
「あそぶことは生きること」をキャッチフレーズに知育玩具や育児用具などの輸入、開発、販売を手がける。子どものあそびの「道具」としてふさわしいものだけを世界中から厳選しているほか、本物にこだわったオリジナルの商品(積み木、木琴など)も開発している。下記直営店(「フラッグシップショップ」)のほか、百貨店を中心に「ボーネルンドショップ」などを展開し、日本国内に75ヶ所の店舗がある。店頭では通信誌『あそびのもり』を発行し、あそびの大切さや、あそび道具の選び方、世界の子育て情報など、総合的に子育てを応援する情報を発信している(年2回)。公式サイトにはオンラインショップや、各店舗の取り組みがリアルタイムにわかる、店舗ごとのブログもあり充実している。
2005年から、子どもが親子で遊ぶ機会を増やそうと、ボーネルンドがプロデュースした環境で実際に遊べる屋内施設、「ボーネルンドあそびのせかい」や「KID-O-KID(キドキド)」を全国で展開。これに類似した、ボーネルンドが企画・デザインした施設に、長崎県ハウステンボスの「キンダージム」、世田谷区瀬田の「こどものあそびばピアレッティ」がある。
同社は創業当初から、幼稚園・保育園・病院・住宅・公園など屋内外に子どものあそび場をつくる事業を行っており、その実績は全国3万箇所を数える。2008年には小学校のあそび場も手がけるなど、先進的な取り組みを行っているそうです
  


Posted by キャッツアイ at 23:38Comments(8)家族