2017年01月11日

別れ

昨年 愛猫の凛が 食事をしなくなって
病院で検査 受けたこと
記載しましたが
病理検査では何も出なかった
診断断定出来ないが 胃ガンだろうと
言われてた。
胃の 一部を切り取って 病理検査に出す事も出来ると
言われたが そこまでは出来ず 止めました。
勿論 癌専門動物病院はありますが 高額な費用がかかり
我が家の経済事情では無理です
 (桁が違う 莫大な費用がかかります)
また 抗ガン剤や放射線治療など 延命措置して 返って可哀想だと判断しました。

食べない飲まないでは すぐ衰弱してしまうので
水分補給が必要 病院毎日行くのも 大変なので
病院が 輸液(水分)の注射を 家で打つように指導してくれた
12月中旬から 私が家で毎日 100cc
打っていました。


クリスマス前 先生が ステロイド剤を打つと一時的に快復すると
いうので 注射を五日間続けて打ちました
一時的に 元気なりました  

二日~三日だけ  一口 二口(一日の中で) 食べたり食べなかったり
水もも少し飲めた
大晦日に マグロ中トロの刺身 を 一切れだけ むさぼり食べるように 食べました
しかし つかのま 一時間後 嘔吐してしまい それ以降また食べなくなり
輸液で 水分補給 最後は 骨と皮だけでしたが 動いていました。
五日に嘔吐が あり 六日はほぼ動かなく 寝たきり 七日 朝立てなくなり
失禁 目が見えなくなる 紙おむつして 看病 
異常な声でにゃーにゃー鳴き声が 続く そして
九日の午後前 2:40分 看取りました。推定11歳



最後の三日間 本当に可哀想でした。
見るのが辛かった 今も にゃーにゃーの鳴き声が 耳に残っています
亡くなる寸前まで 私の手に触れていた。(私が側にいると 鳴きやむ)

約11年間 凛に一杯 愛を もらった
辛かっただろう 不安だっただろう やっと楽になったね
よく頑張ったね。
今まで 私の側に居てくれてありがとう。  


もう一匹 私には チルがいます
チルは凛の死を 分かっていたのでしょう
私のはそう感じました。



※病院で 亡くなったら 胃を切らせて欲しいと 頼まれていたので
  亡くなった日に病院に連れていきました
  迎えに行った時 綺麗に体を洗ってくれて 動物霊園用箱に入れてくれました
  花束も 入れてくれいました この病院に掛かって良かったなと 今は思います。
  (胃の一部を 切り取って今 病理検査にだしています。)

次回 この動物病院について記載しょうと思います。



同じカテゴリー()の記事画像
猫プロジェクト
ぼちぼち再開
買い物ニャン
ニュー モデル
段ボールがお好き・・・
噛まれた!
同じカテゴリー()の記事
 猫プロジェクト (2017-02-01 22:29)
 ぼちぼち再開 (2016-07-12 00:12)
 買い物ニャン (2015-08-01 23:58)
 ニュー モデル (2014-01-24 22:42)
 段ボールがお好き・・・ (2013-06-12 20:16)
 噛まれた! (2012-11-09 21:00)

Posted by キャッツアイ at 23:44│Comments(12)
この記事へのコメント
お疲れ様やっぱ家族の死は辛いね 猫は死ぬ姿を見せない っていうけど 見せたくなかったのか 見ててもらいたかったか 解らないけど一緒に居れて幸せだったと思ってると思います
Posted by Hiroくん at 2017年01月12日 01:34
hiro君
ありがとうございます
まだ 凛の死を信じられないです
とても寂しいです いつもニャーにヤーと鳴いていた
病気になってあまり鳴かなくなっていましたが
鳴き声がないと静かすぎて・・・
Posted by キャッツアイキャッツアイ at 2017年01月12日 22:36
長い間見てなくてごめんなさ。
facebookから来ました。

キャッツアイさんと、知り合えたこのブログの最初から登場していたのが
凛ちゃんでしたね

寿命の短い、いつかは訪れる別れとわかっていても悲しいですね

でも、キャッツアイさんのそばで、最後まで優しく看取ってもらって幸せな凛ちゃんでしたね。
Posted by ふじぶー at 2017年01月13日 10:36
凛ちゃん、お疲れさまでした。

キャッツアイさんたいへんでしたね。
病院に連れて行かれたり、看病されたり
お忙しい中、お疲れさまでした。
心配な日々とお別れ、お気持ちを考えると
胸が苦しくなります。

凛ちゃんは、キャッツさんの家で
だいじにしてもらって、家族の一員として暮らして
しあわせな11年だったと思います。
Posted by ゆず at 2017年01月13日 14:51
ふじぶーさん
ブログは久しぶりですね
ありがとう御座います
>キャッツアイさんと、知り合えたこのブログの最初から登場していたのが
凛ちゃんでしたね
そうでしたっけ?記憶してないけど
覚えていてくれてありがとう
愛しい凛は 私の心の中で 生きています ずっと
別れはいつかきます
病死を気付いてやれなかった事が
悔やまれます。
凛が幸せだったと言って貰えると嬉しいです
私も凛がいて 幸せでした。

お孫さん 日々成長が楽しみですね。
じいじい また アップしてくださいね。
Posted by キャッツアイキャッツアイ at 2017年01月13日 22:17
ゆずさん ありがとう御座います
今は そんなに 忙しいくないけど 凛と過ごせる時間を 作っていました 老衰ならともかく 
病気は辛かったです 早く気付いてやればと 悔やまれます。
8月から 下痢を一ヶ月くらい していたのに 母の事で 凛に構ってあげられないかった しばらくして良くなったから
 気にして無かったけど 症状の出はじめだったのかも知れません。
凛は本当に甘えん坊で 犬みたいでした 名前呼ぶと返事してくれるし おいでと言うと 来てくれる 繊細できれい好きで 寂しがりやで 夜は私と一緒に寝てました。 凛が側に居ないのが
寂しい
最後まで私の側にいて ニャーニャーと鳴いていました
 愛しい凛でした。
ゆずさんのコメント読んで 涙がでました
でも 悲しんでいたら 凛が ママだめだよ 元気だしてと 天国で 言ってるかもね 悲しみを乗り越えます。

私には チルがまだいるから 凛の分まで 長生きできるよう 健康管理に気を付けようと思います。 いつも 共感してくれてありがとう。 本当に嬉しいです。
Posted by キャッツアイキャッツアイ at 2017年01月13日 22:23
私は色々殺生してるので、動物の死はあまり深く考えないように
しています
なので、悲しみの重みがよく解りませんがー

今、犬が2匹います、ももとカーンです
これが居なくなると泣くかな~

まぁ、ふっきって元気出しましょう・・・
Posted by しげちゃん山羊しげちゃん山羊 at 2017年01月16日 21:28
しげちゃん山羊さん
人の考え方は人それぞれですね
私は 悲しいし寂しいです
昨年 母をなくして
凛までいなくなったのが 結構 堪えました。
でも元気です
忙しいから 悲しむ暇ないから
助かってます(;>_<;)ビェェン
Posted by キャッツアイキャッツアイ at 2017年01月17日 22:01
うちも、シーズー犬を2匹亡くした時はきつかったデスネ、

十分に手立てしましたの悔いは。。。。

自宅の庭に埋めました、

いつもそばにいます、

元気にあの世で暮らしてると信じてます。
Posted by U先輩 at 2017年01月20日 11:59
淋しくなりましまね。
わたしもワンコがいなくなったらと思うだけで
淋しくて悲しいです。
でも、 凛ちゃん キャッツアイさん家族に大事にされて
しあわせだったと思いますよ。
Posted by どんちゃんままどんちゃんまま at 2017年01月20日 12:56
u先輩 
返信遅くなりすいません。
二匹ですか  辛かったですね
今も飼ってらっしゃいますね
我が家も もう一匹猫がいます
別れが辛いですね
我が家は埋めるところないので
火葬しました。
Posted by キャッツアイキャッツアイ at 2017年01月26日 23:21
どんちゃんママさん
返信遅くなりすいません。
ありがとう御座います
凛が居なくなって 本当寂しいです
いつもニャーと 鳴いていました
いつも私の側にいました。
今はチルのみ チルは鳴かないので
静かです。
Posted by キャッツアイキャッツアイ at 2017年01月26日 23:25
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。